2016年9月1日 議会報告ニュース

安保法制 強行から1年
憲法を守り・いかす政治実現へご一緒に声をあげましょう!

戦争法廃止左京みんなのデモ・19日行動に参加

8月19日も左京みんなのデモ、市役所前集会に参加し、四条河原町まで戦争法・安保法制廃止を訴えデモしました。

9月、戦争法強行から一年を迎えます。国民の声を聞かない安倍政治を終わらせるためにさらに力を合わせましょう。

介護保険制度の改善を!
党議員団市民アンケート報告書 まとまる
―ご協力ありがとうございましたー

「介護の社会化」をうたい介護保険制度がスタートして16年。保険あって介護なしの実態や介護離職、介護職員不足、施設の不足など問題が山積し、痛ましい事件も後を絶ちません。

党市会議員団は問題の解決のために、介護事業所へのアンケートとあわせて65歳以上の市民の方や65歳以上のご家族がおられる方を対象に市民アンケートにとりくみ、この度、その報告書がまとまりました。

返信数は504通。介護保険料の負担感については「暮らしを圧迫している」が56%と半数を超え、高齢者のくらしに介護保険料が重くのしかかっていることが明らかになりました。

また、介護保険についての考え方では、「保険料、利用料を下げてほしい」「安く入所できる施設をつくってほしい」「介護保険で使える範囲を増やしてほしい」が介護認定を受けておられるか否かに関わらず共通して多く選択されました。要介護認定を受けておられる方は「利用を増やしたいが利用料が高く我慢している」「介護保険を使ってとても助かっている」という選択が多く、「利用を増やしたいが上限にかかる」という方も一定おられました。

もう一つの特徴は自由記入欄にびっしりと切実な実態が記入されているものがとても多かったことです。政府が更なる改悪の具体化を進めようとしていることにストップをかけ、来年4月からスタートされようとしている新総合事業の改善へいかしていきたいと思います。

ちょっと、ひとこと 〜息子の「夏休みの成果」〜

一緒に作った縄文時代の土ぶえは奥深い優しい音色を奏でます。画材屋さんで購入したビー玉くるくる(姉作)。そして、泥だんごとリュックの中には「おちゃせん」(お茶席で使う扇子)やスケッチブック・お気に入りの文房具など宝物。背負って出かけた思い出が詰まっていることでしょう。地蔵盆が終われば学校。最近は夏休みが短くて子どもは気の毒ですね。全国的にもトップクラスの授業日数確保と胸をはる教育委員会ですが、子どもたちをみると何だか複雑な思いがします。親は、助かりますが(笑)