愛媛の絶景スポット
愛媛の絶景マップ リンクマーク 美川の川
リンクマーク 姫鶴平
リンクマーク 大川嶺

※地図上をクリックしても移動します。

姫鶴平(2013年9月)

姫鶴平 姫鶴平地図

愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
姫鶴荘営業期間・4月から11月
姫鶴荘電話・0892−54−2518
車イス用駐車場・なし
身障者用トイレ・天狗荘(約4.5キロ)、大野ヶ原(約11.5キロ)

愛媛と高知の県境に広がる四国カルスト。天気さえ良ければ素晴らしい景色が広がりますが、中でも私が一番の絶景スポットだと思う場所がここです。緑の草原と青い空、白い雲に牛舎の赤い屋根と2本の風車が彩りを添えています。

姫鶴平には柳谷産業開発公社が運営する姫鶴荘があり宿泊やキャンプ、食堂の利用ができます(私は入ったことがありません)。また一般の方なら、姫鶴平からハイキングコースを通って林野庁が「森の巨人たち百選」に選定した、猪伏の大トチを見に行くことができます。車イスだと大トチは無理ですが、姫鶴平周辺は比較的なだらかなので何度か散策したことがあります。

下の写真は左上から時計回りに、10月に姫鶴平で咲いていたリンドウ、上の写真を撮ったあたりからの星空(2016年8月8日)肉眼だと天の川までバッチリ、大野ヶ原大根の直売、大野ヶ原竜王神社横の公衆トイレ、動物と触れ合える大野ヶ原のポニー牧場。

リンドウ 姫鶴平からの星空 大野ヶ原大根
大野ヶ原ポニー牧場 大野ヶ原公衆トイレ 大野ヶ原公衆トイレ内部

美川の面河川(2013年9月)

面河川 面河川地図

愛媛県上浮穴郡久万高原町東川
車イス用駐車場・なし
身障者用トイレ・道の駅みかわ(約5.6キロ)

ふるさと食堂で食事をしたあと、何の気なしに近所を散策していて見つけた場所です。四万十川、仁淀川を含め愛媛と高知の川を散々見てきましたが、この場所ほど美しい川の景色に出会ったことがありません。ただ美しいだけでなく泳いだり潜ったりといった川遊びにも最高の場所です。山の中を流れる川なら大抵水はきれいで、泳ぎたいなと思う場所もいくらでもあるのですが、ここほど条件の良い場所はそうないでしょう。R494の広い路側に車を停められ、川原まで安全容易にアクセスでき、川底は砂と小石で流れは穏やか、小さいながら砂浜があり潜るのに十分な深さの淵もあります。きっと子供達にとっては天国のような場所です。地元の方はこの場所を中瀬と呼んでいます。

下の写真、上段はパノラマ写真風に撮った物で右が上流で左が下流です。川の写真の撮影日は2013年5月8日です。下段左は国道494号からの下り口、右2枚は近くのふるさと食堂で、面河川の天然鮎が食べられます。

面河川下 面河川中 面河川上
面河川下り口 ふるさと食堂 ふるさと食堂鮎の塩焼き
   

大川嶺(2015年10月)

大川嶺全景 大川嶺マップ

愛媛県上浮穴郡久万高原町・大川嶺(おおがわみね)
車イス用駐車場・なし
身障者用トイレ・道の駅みかわ(約18.5キロ)

尾根に広がる草原と、谷筋を埋めるブナの原生林を眺めていると、清々しさや充足感などいろいろな感情が湧き上がってきます。一番のおすすめはブナの黄葉にカエデなどの紅が混じり山が錦秋に染まる10月中旬ごろです。新緑の時季やミツバツツジの咲く5月下旬ごろもきれいですが、天気が安定せず頻繁に霧がかかるので運が良くないとなかなか。

草原で営まれていた牧場と尾根の向こう側で営業していたスキー場は閉鎖され、普段は登山やドライブに訪れた車がたまに通るだけです。四国カルスト県立自然公園の一部になりますが、トイレや遊歩道・東屋などの施設はなにもありません。上の写真は笠取山へ行く道に少し入ったあたりからの眺めで、下の写真はブナ林の中に車を停め散策しながら撮ったものです。車が少ないのでゆっくり散策できますが、坂は結構きつめです。

下の写真は左上から時計回りに、オオミヤマガマズミ(2015・8・18)、ブナの実(2015・10・3)、カマツカ(2015・10・14、以下同日)、ブナ、ハガクレツリフネ、リンドウ。

大川嶺・オオミヤマガマズミ 大川嶺・ブナの実 大川嶺・カマツカ
大川嶺・リンドウ 大川嶺・ハガクレツリフネ 大川嶺・ブナ
リンクマーク Home
美川の川 大川嶺 姫鶴平 美川の川の景色 姫鶴平高原の景色