コンピュータのお話

 最初にコンピュータへの興味を持ったのは、会社のBASICコースを受講してからです。学生時代は知識ゼロでした。従って、プログラミングの素養もありません。でも、今も昔も、自分の生活から切り離せないような存在感を覚えています。
 8ビット時代のゲームマシンを買ってきて、何ヶ月後には押し入れの中に埋もれてしまったコンピュータが、どうして現代のような地位を獲得したのでしょうか。それは、コンピュータの向こう側に人間が見えるようになってきたからです。パソコン通信によって我々の生活の中に浸透を始めて、ここ数年のインターネットブームを引き起こしたのも、ディスプレイの奥に人間が感じられるからではないでしょうか。

< メニュー >

【私とコンピュータの歴史】 FM-7からAT互換機までいろいろやりました

【現在のマシン構成】 ただいま、更新中

【Celeron 450MHz動作に挑戦】 celeron300(SL2Y2)入手!

【Celeron300A 504MHzに挑戦】 #0842入手、ラッキー!!

【300Aをなんとか安定に】 ケースやファンの改造、そしてペルチェ

【500円PCのリファイン】 何と、木製ケースに入れてしまった!!

<その他、もろもろ>

【コネクタ自作のお話】 自作派には、無くてはならないデータ集

【FreeBSDを98にインストール】 本当は、Linuxがメインなんだが・・・


【戻る】