2021年03月15日(月)
  「ケネディ大統領」

「ケネディ大統領暗殺!」

14歳、中2の、ある朝だった。

それは、初の日米宇宙中継が行なわれる、歴史的、画期的な日だった

その太平洋を越えた、歴史的な電波で送られて来た第一報が、
何と!ケネディ大統領暗殺のニュースだった。

もう、大変な衝撃だった。日本中。

私は、まだ子供ではあったが、母が大変なショックを受けていて、
「良い大統領だった」と。テレビ画面の異常な緊迫感に、
自分にとっても、大きなインパクトを受けた。
登校した時も、先生が、まず一声で伝えてくれた。

43歳の若き大統領の、演説の言葉が、すごく新鮮だった。

「国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために
何ができるかを問うて欲しい」

そんな事で、ずっとケネディ大統領の死にも関心があった。
オズワルドの単独犯行などとは、はなから思えない。
何か深い闇があるのだと思っていた。


その37年後、米国在住のBさんが、私たち夫婦を銀婚式のプレゼント
にと、アメリカに招待してくれた。

ワシントンDCを案内してくれて、その時に、ケネディ大統領のお墓
のある、アーリントン墓地へ連れて行ってくれた。

ずっと行きたかったアーリントン墓地。感慨深かった。

広大な管理の行き届いた、明るいきれいな公園のようで、戦争で
亡くなった兵士たちの墓石が、緑の芝生の上に整然と並ぶ。

無名戦士の墓というのがあって、戦争で身元が確認できなかった
戦没者だそうだ。無名戦士の墓は、特別な衛兵が交代で、365日休み
無く、24時間中警護しているそうだ。
亡くなった無名戦士たちが、とても大切にされていることに感動した。

ずっと心にあって、本があれば手に取ってみたり、映像があれば観、
若き大統領の死は、ずっと何か心ひかれ、関心があり続けた。



それが、今回の選挙を調べていると、ケネディ大統領が出て来た!

「通貨発行権」が国でなく、民間会社にある。その民間会社に
借金し利子を払うことになる。
その発行権を、民間から、国に変えようとしていた中、暗殺された。
国の新しい紙幣もすでに刷られ、用意されていた。

それが暗殺の理由かどうかはわからないが。


Tさんが、ケネディがしようとした改革を、世界的金融改革を
しようとしている。

「Global Economic Stabilization and Reformation Act」

「ゲサラ」

「ヨベル/大赦」で、現在の負債、銀行借金等、全部いっさい帳消しにする。
ヨベルの年のこと??

所得税の廃止、国税庁の廃止。

ベーシックインカム、すべての人に、生活できるだけの所得を保障する。

食料品、薬には課税無し。中古品にも課税無し。

お年寄りへの社会保障の増額。

以下次々と続く。



最初聞いた時は、え?? え?? 何?(笑)
「量子金融システム」?
しかし、すでに始まっているらしいのだが。


ロシプーさんが、金融資本家からの借金を全額返済して、
すでに中央銀行を国有化にした。
もう始めたと。


昔、Tさん家とケネディ家は、親しい交流があり、Tさんとケネディジュニアは
子供の頃、いつも一緒に遊んでいたそうだ。

仲の良い親友だった。
青年になった二人は、ケネディ大統領の死の真相を、絶対に解明すると、
二人で堅く誓ったそうだ。

必ず、真実が明らかになってほしい。




2021年03月13日(土)
  【驚愕】目がテンになったコト!!

春に向かい、何かが新しくなることに、わくわくしています。
何だか、世界的な、地殻変動が起きているような・・・

私も、今まで何を見ていたのだろう、自分の中で、天地が
ひっくり返り、大地殻変動でした(^^)

春は、カープも始動、わくわく楽しみ(^^)(^^)
希望は、単独首位独走〜〜なんですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年10月のこと、アメリカの親しいAさんから電話があった。

「アメリカが大変な事になってる!選挙のために祈って!!
このままでは、民主主義が、共産主義に飲み込まれてしまう」
と悲痛な声で。もう、真剣そのもの。

え?内心、半信半疑。何でアメリカに、共産主義者がいるの??
でも、見てみると、ほんとに議員が左、左、左、極左・・と出て来る。

調べていると、もう50年ほど前、私が20代始めの頃、学生運動が
盛んだった。ベトナム戦争反対デモが行なわれ、普通に市民デモもよく
行なわれていた。アメリカでも学生の反戦運動が盛んだった。

もう、その頃かららしい。中共が工作員をアメリカに多数送り込んで、
大学教育から浸透し、支配して行った。

Aさん「20才の若い友達がいるが、普通に共産主義だよ。教育が
もうそうなってる。若い人々に浸透している」

そう言えば先日、中共が世界中に送り込んでいる195万人のスパイ
工作員の個人情報が、突如流出。名前や勤務先や。リークかと。
速効で消えたが、これまた速効コピーする人が。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、選挙を注視していた。(日本メディアはいっさい報道しないが)

【驚】J・Bさんが演説映像で「不正選挙の準備がすべて整った」と言った。
?!?! 
認知症と言われていて、そのせいかとも。

【驚】投票締め切り後、現地映像で、票集計機による、双方の得票数が
どんどん数字で表示されていた。
すると、目の前で、突然、Tさんの票が減った!!

集計なので、票が減ること自体が有り得ない。
そして、そのTさん票がそのままごっそり、Bさん票に移った!上乗せになった。
目の前で。

【驚】又、別口で、監視カメラに映っていた。
集計作業で、Bさんサイドが、皆を帰らせた後、机の下から幾つかの
スーツケースを出して来て、そこにB票がびっしり詰まっていた。
しっかり映っている。そこの州務長官が、投票は違法に秘密裏に数えられ
たと認めたが。

【驚】若いお兄さんが、インタビューに答えていた「お金をもらって、友達と
一緒に、T票を捨てて、捨てて、捨てまくったよ。もう、すごい量を捨て
たんだ。頑張ったよ、やったぜ!」と得意そうに、笑いながら。悪気なく。

【驚】幾つものごみ箱に、山盛りに捨てられた票の映像も。
そして、集計票数が、その州の全有権者よりも遙かに多かったり。
死んだ人まで票に入っていたり。

もう、笑ってしまうレベルだが。選挙って、一つでも不正があれば
アウトだと思うが・・。

【驚】イタリアの会社のIT部門の元責任者が、米国大使館人の指示を受け、
選挙データーを、大差をつけたTの勝利から、多くの州で負けていたBへと票
を変換する作戦を請け負った。
イタリアから集計機を操作した。幾つかのケースでは、票が、有権者数よりも
多い可能性有りと、宣誓証言した。諸外国も関与していた。

氷山の一角で、出るは、出るは、山ほどの不正が出て来る。
え?これ現実?! ズルでなった者、勝ち? 
これ、アメリカだよね。

これって、クーデターってこと?

これが、自由と民主主義のアメリカ?? 驚いた。
まるで未開の地の村長選挙。


最も不思議だったのが、監視カメラがあり、多くの目撃者があり、あらゆる
証拠を残しながら、白昼堂々と、恐れなく、不正の限りを行なう事。
後でわかったが、司法をすべて最高裁まで押さえていた。だから、平気
だったんだ。

驚くべき優秀な弁護士さんが、どこまでも〃法に乗っ取って、膨大な証拠を
集め、良心ある大勢の人々が出してくれた宣誓証言書(嘘があれば罰せっ
れる)と共に、次々と提訴するが、議員数により退けられる。


(^^)感動した話がある。

そんな中、郵便局員ホプキンスさんが、局長に言われ、B票の消印を期日
過ぎたものを、どんどん期日内に改ざんしたと。内部告発した。、

映像で「自分は神を信じている。小さい頃から正しい事をするように教え
られて来た。こんな事は、苦しくて、もう自分は耐えられない」と。
正しい事をしようとしている人がいた。

すると司法の係員が来て、「危ない事になるよ。撤回すると供述書に
サインしろ」と。
翌日、撤回したと報道された。彼はそれを見て驚き、撤回していないと、
否定する動画を自分で作って流した。捜査官に脅された事等も、すべて
録音していた。

すると郵便局から無給扱いにされ、職を失った。、
共和党サイド人が、彼の当座の必要を皆で募金しようと、5万ドルを
目標に呼びかけた。すると16万ドルの寄付が集まった

一人の女性選挙管理責任者が、圧力に屈しないで、正しい事をし、
正しい判断を貫いていた。ひどい脅迫を受けたことを明かした。それでも
不正に屈せずに、信念を曲げなかった。強く印象に残っている。

すると、子供の顔がネットにさらされ、学校までさらされ、子供の事を
脅迫された。
それを知ったTさんは「もういいよ」と。「子供のことで痛む姿は見たく
ない。相手の言うようにすればいいよ」と。


不正をする時の鉄則は、まずメディアを押さえることだそうだ。

【驚】米メディアが、内部者の録音によるリークで暴露されてしまった。
社長の言葉が、「Tを狂人に見せるように報道しろ。おかしな人間に
思わせるように作れ。おとしめろ」
「Tの主張を徹底的に隠ぺいしろ。いっさい出すな」
「Tをどのように失脚させるか、政権を早く移行させるために、9・11の
ようなテロが必要だ」
バレちゃった。

告発者が社長に、録音をした事、これから公表して行くことを告げた。

そして「あなたは、まだあなたの局が、ニュースで最も信頼できる名前
だと思いますか」と鋭い質問をした。
相手は、何も答えず、黙ったまま電話を切った。


ある一人の高齢男性の事が出ていた。Tが大嫌いだった。と言うのは、
テレビで、身障者に対して、きつい物言いをしていた。ひどいと思った。
それを知人に言うと、それ違うよ、逆だよと、動画を見せてくれた。

そこには、Tが、心障者を無下にし、ひどい扱いをしている係員を、きつく
叱っている様子が映っていた。それ以来ファンになった。


大本営を思い出した(笑)母が、よく戦時中の「大本営」の事を、笑い
ながら話してくれた。
ラジオで、ずっと、日本は勝っている、勝っている、進軍、進軍、大勝利、
日本万歳と、虚偽放送をし続けていた。言われるまま信じていたら、
大嘘だったと(笑)大本営のでたらめぶりは、常軌を逸していたそうだが。


【驚】選挙を見、調べていたら、Tさんが今まで思っていた人物と、全然
全く違う人だった。メディアから悪口しか聞いていない。正反対で、とても
良い人、どころかすごい人。非常に有能な政治家だった。激震レベル。
メディアにだまされていたと気がついた。報道人としての矜持は無いのかな。

実際は、Tさんが圧勝だった。
Tさん側は、不正選挙が行なわれる事がわかっていて、投票用紙に
GPS機能をつけていた。だから、捨てられた票もすべて数える
ことができた。

アラバマ州共和党執行委員会は、決議案を反対票なく可決し、
アラバマ州を代表して、Tさんに額に入れた決議書を贈った。

Tさんは、アメリカ史上最も偉大な大統領の一人だと。製造業を連れ戻し、
米国史上最大規模の減税を成し遂げた。
失業率を過去最も低い記録を更新し、史上最も良い経済局面を切り
開いた。軍の兵士を大切にし、軍隊を再建した。任期中に戦争をしなかった
唯一の大統領。アメリカ人と労働者をファーストにしていると。

良い国にしたいと大統領になり、給料は要らないと。それは法律上出来
ないので、年間4270万の給料を、年1ドルに。すべて慈善に寄付していた。
だから、わいろがいっさい効かない、恐い相手だった。


「アメリカファースト」は、メディアから聞いていた事と全然違っていた。
他の国はどうでもよい自己中主義なふうに、すり込まれていた。

実際は、まず自分の国民を大切にし、経済基礎を固め、国民の暮らしを
安定させる。あなたの国も、あなたの国民をまず第一に大切にしてねと、
「各国ファースト」にと、ちゃんと言っている。当たり前の事だ。
自分の家族を大切にできずして、どうしてよその家族を大切にできる。


「メキシコ国境に壁をつくる」も、全く違っていた。
排他主義で、人道上問題と、思わせられていた。
そうでなく、移民は受け入れる。不法移民を閉ざすと言っている。大がかりな
世界的、組織的児童人身売買が横行している。それを阻止した。
麻薬業者を阻止し、犯罪者やテロリストの入国を阻止した。犯罪者から
国民をちゃんと守っている。

Tさんは、国民への愛がある。
演説の中で、「この国は神に従う!」「我々は何ものをも恐れない。我々が
畏れるのは神だ!」「我々が唯一崇拝するのは、神!」と大声で。
びっくり仰天した。日本では想像すらできない。

驚くべき優秀な弁護士さんも「私が第一に従うのは、神!」と、はっきり。
もう一人の驚くべき優秀な弁護士さんも、いつもいつも「さあ、神に祈ろう!
この窮地で、今、我々がすべき事は、神に祈ることだ!」
ずっと身に危険の及ぶ、熾烈な脅迫を受け続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある若いユーチューバーが、
「今回の選挙で、メディアのクソっぷりを知ったお陰で、色々なものが見える
ようになって来た。その点では、Tさんにめちゃめちゃ感謝してる。僕を変えてくれた。
色々な見方を変える事ができたので、本当に感謝してる」

そのため、自分は真実を、事実を、発信したいと、現地に上がる様々な情報、
様子を和訳して、毎日発信されている。

いろんな人が「今まで、政治に全く関心が無かった。でも、今回の選挙が
おかしいので調べ始めた。唖然、呆然、絶句だった。でも、色んな事を知り、
ものすごく考えさせられた。良かった。今や、政治から目を離せない」。


アメリカは、大手ではないが、キリスト教関係のメディアがあり、そこでは正しい
誠実な、報道がなされている。いいな、アメリカは。
気持ち悪い、ドロドロの中も、ずっと真実が報道されていた。この爽やかな清涼感!

Aさんと、これ教会関係者の見解だよと、今回の事をどう考えるか、どうとらえ
るか、聖書からのメッセージがあり、情報をやり取りし、祈り合っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aさんが、デモに行って来たよと、いい笑顔の写真を送って来た。
票が盗まれた事に抗議し、T支援の平和なデモで、皆で歩道を歩くの
だと。すると車で通る人々が、ブブーと鳴らして、応援する。沢山鳴ってたよと。

日本でもあちこちの都市で、応援デモが行われて、盛り上がっていた。、
選挙の不正を見逃せば、民主主義の重大な危機だと思うからと。
メディアはいっさい報道しないが。

選挙後、
「もう笑っちゃうね」
「あんなに大勢が、わいろに、ハニートラップ脅迫にやられちゃって」

Aさんに「Bが正当に大統領になったのなら良いが、アメリカの人たちは、
どう思ってるの?怒らないの?」

「いや、もう怒ってるよ。ほんとにものすごく怒ってる。世界にも恥ずかしい。
笑われてるよ。でも、大手メディアが、いっさい報じないから、テレビだけの人々は、
不正が起きた事自体も、今も知らない。

今、社会が、T支持と言えない空気になってる。職場を辞めさせられ
たり、大学では単位をもらえなかったり、リベラルが力を持ってる。嫌がらせ
を受けている。迫害だよね
でも、何かおかしいと感じる人々も少しづつ、起きてきている」

そう言えば、スポーツ祭典で、Bさんが壇上に上がると、大ブーイングの嵐
だった。「自分の大統領じゃない!」「偽大統領!」と。

Bさんの通る車列に、軍の多くの兵士が背を向けていた。敬礼も返さなかった。
もろに命がけの、死と隣り合わせの仕事であり、兵士たちが気の毒に思える。
真実や、真理や、愛のためになら、命をかけられるけれど。


Aさん「うちの牧師が、礼拝メッセージの中で語ったよ。

『不正選挙が行なわれました。
これから共産主義が力を増して来るかも知れない。そうすれば必ず迫害が
起きるでしょう。苦しみが来るかも知れない。どのようになったとしても、
ますます祈り、信仰に立って行こう』と。

Aさん、「これがアメリカ?!もう信じられないような、目を疑うような事が、
目の前で起きて。世の終わりが近づいてるね。イエス様の再臨も近づい
てるよね」。
「ほんとに世の終わりが近づいてるね」


主は、この不正を全部見ておられた。主が全主権を持ち、支配しておられ、
主に間違いはなく、無駄も一つもなく、主にはご計画がある。

今、このようになっている事も、主のご計画の内。事は、早くも遅くもなく、主のタイム
テーブルにそって、成し遂げられて行くね。


「私たちは何をすれば良いのだろう?」

「献身することでは。神様に自分をお献げして、従って行く。目の前の御心
を行なってゆく。まず、目の前の人を愛すること」
と、語り合っていたのだが、

Aさんが、ほんとにこの1月に献身が与えられた!!
ずっと以前から、献身の思いがずっとあったが、なかなか出来なかった。

でも、1月に神様の恵みによって、神様に導かれて、献身することができたと。
わあ!すごい!!!感謝!!!








2021年03月05日(金)
  「選択」

信仰生活は、信仰人生は、選択ですよねえと語り合う。

Aさん「すごく思い煩うんです。ちょっとした事で不安に
なって。どおっ〜と、思い煩いに襲われる。

ほんとに最悪のシナリオが出来上がる。最悪なんですよ。

しばらく落ち込んで、はっ!として、サタンだ!
そうじゃないと、神様を見上げることができて。

その繰り返しです。すぐ、うじうじと思い煩う。
暗くなって、沈んでしまう。

自分が、思い煩う方を、選んでるんですよねえ。
自分が、選んでる結果とういう事ですよね。
よくわかります。

それって、思い煩いたい、という事ですよねえ。
思い煩いが好きで、思い煩っていないと不安なんですよね(笑)

一つの思い煩いが解消されると、次のを取って来るんです
よね。
次、次と、自分が取って来る(笑)

自分の姿がよくわかります(^^;)

しばらくすると、サタンだと気づけるのですが。

思い煩いの方でなく、御霊の方を選ぶ、練習ですねえ。

思い煩いが来た時に、即、「神様!」と呼べるように、

神様を選べるよう、「感謝」を選べるよう、日々、瞬間〃
練習ですね。

自分が選んだことが、後ろに結実して行くということですよね。

肉を選ぶと、害毒を流し、御霊を選ぶと、愛、喜び、平安・・の
実を結んで行く。

毎瞬、起きていることですね。

御霊の実を結びたいですね。
御霊の方を選択できるよう、祈っていようと思います。」

2021年03月03日(水)
  「感謝の力」

「感謝すること」について、皆で話していた。

Aさん「『すべてのことについて感謝しなさい』とありますが、神様に
感謝するって、すごく力がありますねえ〜。

すべてのことなんですよねえ。
ある朝、起きた時から身体がひどくだるくて、頭も重〜い感じで。
朝食作るのが、しんどくてたまらない。面倒なんですよ。

面倒くさいなあと、思いつつ始めていた時に、はっと我に返り、
御霊様ですよね。
あ、そうじゃない。サタンだと思い、『神様、感謝します!』と
心の中で、祈ったんですよ。

すると、あんなに重かった心が、軽くなり、明るくなったんです。
あ、こうして朝食を作れることが感謝なんだと思え、

新しい朝が感謝だと思え、良いお天気が感謝、今日も新しく主
を知れることが感謝、次々感謝が湧いて来て。

ほんとに、感謝は、サタンを封じ込めてしまいますね。
感謝することには、すごい力があると、教えられます」


Bさん「ほんとに、感謝は力がありますね。
突然の想定外の事態や、マイナスの事が起きた時に、

パニックになりそうなのですが、いつも学んでいるように、

まず神様に感謝すると、心がすう〜と落ち着いて、平安になるん
です。
すごく不思議で、ほんとに感謝です。」


Cさん「『すべてのことについて感謝しなさい』の学びをした後だった
んです。

いつも行く美容院が、少し遠方なんですが、気に行っていて予約
していたんです。
やむを得ない用が長引いて、ああ、もう間に予約時間に合わない。
だめだろうなあと思いつつ。
何で、長引いてしまったかなあと思った途端、

その時、あ、『すべてのこと』が感謝なんだと思い出し、神様、用が
長引いてしまったことを感謝します。遅れてしまった事も感謝します!と

それで、着くまで、神様にずうっと感謝しながら運転したんです。

すると!こんな事初めてだったのですが、全部信号が青だったんです!
行く先、行く先、青で、時間に間に合ったんです!!
びっくりでした!!

神様感謝で、嬉しかったです!!」

2021年03月01日(月)
  「砕かれた」

Aさんが、冬に、知人を訪問して、福音を伝えた。
帰ろうと、玄関を出た時に、寒さで、地面が凍っていて
転倒してしまった。

腰を強く打ち、病院へ行くと、腰を骨折していた。入院手術
となり、手術は無事成功した。

すぐに翌々日退院で、リハビリは家でとなった。医療用歩行
器で、移動ができ、台所で料理ができ、感謝だった。

寝室は二階だが、杖をついて上ることができ、一日一回の
事なので、何とか行けた。
その他なすべき事は、ヘルプに来てくれる人々にしてもらえた。
すべての事が、神様によって助けられ、支えられ、導かれた
ことに感謝でならなかった。

そして、動けないので、ベッドで静かに神様を思う時が与えら
れた。
今までを振り返らせられた。ずっと忙しく、走り続け、ひたすら
目の前のことをこなす日々だった。

フルタイムで夜勤の仕事をし、朝に帰宅し、家事をし、夕方
まで寝る。起きてデボーションをするのだが、いつしか形だけに
なっていた。
主との交わりというより、形を済ませた感じになっていた。

伝道も御心なので、良い事なので、するのだが、それも形だけ
になっていた。
流されていたことに気づかなかった。
主が、ストップさせて、動きを止めて下さった。

自分はマルタになっていて、仕事していてもイライラし、愛を
持って対応できず、心は冷ややかであったり、又、腹を立て
たり・・

強制的にマリヤにして下さった。我に返れた。ほんとに立った
ままでなく、御前に座ることの大切さを教えられた。
主との交わりが、形だけの時と全く違う。

振り返らされたり、御言葉の気づきを与えられたり、教えようと
して下さっていることに気づけたり、御言葉を味わい、感謝で
ならない。

ヤコブがラバンのもとから帰郷を示され、帰るが、かつてだました
兄のエサウが恐くてたまらない。
幾ら策を講じても、祈ってもだめで、その恐怖は無くならず、どう
にもならない。
家族皆殺しにされるのではとの、不安と思い煩いにさいなまれる。、

しもべも家族も先に行かせ、ヤボクの渡しで、ヤコブが一人残った。
そこに主が来られ、ヤコブとすもうをとられた。
強い強いヤコブは負けない。とうとう主がもものつがいを打たれた。

自分はヤコブで、自分も腰の骨をバーンと打たれ、ヤコブが自我
を砕かれたように、自我を砕かれたと。

自分ではどうにもならず、神様がして下さり感謝でならないと。