2022年12月10日(土)

「ところが献灼官長はヨセフのことを思い出さず、彼のことを忘れ てしまった。それから二年の後・・」創世記40:23


兄たちにより、隊商に売られたヨセフは波瀾万丈の人生だった。エ
ジプトで奴隷として仕えた主人には好意と信頼を得たが、その妻に
より無実の罪で投獄になってしまう。異国の地に売られ、主人の好
意で引き上げられたかと思うと、一気に地面に叩き落とされたかの
ように、投獄だ。

10年の監獄生活は、どんなにか苦しみがあったろう。しかし置かれ
た場で、ヨセフは主を見上げ、主を信頼し忠実に出来る事をして行
った。すると、模範囚となりそこですべての囚人を任せられ、世話
をする事となった。監獄の中では、悲観的になり、自己憐憫に陥り、
失望し、やけになる事もできたが、ヨセフは、腐らず、逃げず、諦
めず、主の訓練を受けて行った。

次には、出獄の献灼官長が、ヨセフの無実をパロに伝える事になっ
ていたが、忘れてしまった。そこで尚も2年が経過。今日か明日か
と、今にも出獄の望みがあっただけに、逆に更に厳しい試練の2年
となった。だが、ヨセフは忍耐し、主を待ち望んだ。2年後、パロ
が夢を見た事で、献灼官長が牢獄のヨセフを思い出し、獄から出さ
れた。突然にして、時満ちて、道が開かれた事に、自分の力や自分
の知恵、何ものにもよらない、主の働きを見た事だろう。

主の訓練にへりくだって、服して行く時、試練を受け入れて従って
行く時、主が「ちょうど良い時に」引き上げて下さる。その前でも、
後でもない、さじ加減ピッタリの「神の時」だ。今、主からの訓練
が臨んでいたなら、受け入れられるよう祈ろう。それがへりくだる
ことで、その時、主がご計画を成し遂げて下さる。

・・・・・・・・・・・・
主は痛みも苦しみも悲しみも、すべてご存じで、じっと見て下さっ
ている。すぐに出獄できると期待した2年は、どんなに厳しい試練
だったろう。主を待ち望む時、必ず丁度良い時に救い出して下さる。
それを信じて歩める事が、祝福だ。


2022年12月09日(金)

「何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配する のはやめなさい・・天の父は、それがみなあなたがたに必要である ことを知っておられます」マタイ6:31



心配症で、思い煩いに悩まされている人は多い。起こるかも知れな
い事を想像して、不安になり思い煩う。不安材料を集め、現実であ
るかのごとくに、最悪のシナリオが出来上がる。しかしそれは妄想
ーだ。現実に起きていないのだから、主も、そんな架空のものをど
うにも出来ない。思い煩いを選択している自分の問題だ。

明日の事は私達にはいっさいわからない。誰にもわからず、見えな
い。しかし主を信じる私達は、明日に恐れと不安ではなく、主の愛
を見る。明日は、主の愛に包まれ、主の配慮とご計画の中にあり、
御手の中に堅く守られている事を信じる。見えない明日に、不安や
恐怖ではなく、主を見、主の慈しみを信じる。これが信仰だ。

主の愛を信じて歩む時に、思い煩いの亡霊に惑わされない。そし
て、「神の国とその義を第一に」神第一を心に据える事だ。自分を
第一、神を第二、第三にする事から、秩序が狂い、混乱が生じ、不
安、恐れ、思い煩いが生じる。自分を中心に据えるなら、不安と恐
れに支配され、あらゆる事が不安で仕方なく、思い煩いとなる。

自分で自分を支え、守らねばならないからだ。主を第一にするな
ら、主が全責任を取って下さる。そこから世にはない御霊の平安と
喜びが来る。今、あなたの優先順位はどうなっているだろう。あな
たを誰よりも心配していて下さる主がおられる。その主を信じ、主
にゆだねて歩もう。そう出来るよう祈ろう。
------------
心配事、思い煩いへの解決方法がはっきり示されている事はなんと
幸いだろう。神の国のご支配の中に置かれている。主が与えてくだ
さる明日を信じ、喜んで今日を生きよう。


2022年12月08日(木)

「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方 ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださ います」Tヨハネ1:9


私たちは、必ず失敗する。時に、自分がこんな失敗をするとは信じ
られないが、人間なので失敗してしまう。もし、自分が失敗した時
には、どうすればよいのか。あなたは言動や行為で失敗した時はど
うするだろう。その間違いを黙殺して、無視する事ができる。無か
った事にしてしまう事ができる。

又、相手に、周囲に、責任転嫁をする道がある。人のせいにし、人
に責任をなすりつけてしまう。お皿を割った時に、こんな所に皿を
置く者が悪い。自分は悪くない。人の言動にいら立つ時、いら立た
せる事を言う相手が悪い。自分のせいではない。又、人は弱点を指
摘された場合、それを攻撃でおおい隠すとも言われている。

成長途上の私達は、よく失敗する。皆、それぞれ弱さがあり、間違
った選択をしてしまう。罪を犯したくないが、犯してしまう。その
時に、心の中で無い事にし、無視するのか、その事を認めないで、
打ち消してしまうのか、周囲に責任転嫁するのか。

そうでなく、主は一つの道を示して下さっている。「自分の罪を言
い表わすなら・・その罪を赦し、すべての悪からきよめて下さ
る」。いっさいの言い訳と自己弁護をやめて、失敗に自らが責任を
取る事、それが悔い改めであり、光の中にいるという事だ。

主は完全な赦しを与え、変わらない愛で愛し続けていて下さる。言
い訳など必要ない。恐れる事も逃げる事もない。私たちは、赦され
て赦されて、生きて行く、絶えず恵みのまっただ中だ。
------------
いら立ちはいら立たせる方が悪いと自分の罪は全く見えていない者
だ。自分の罪がわかるから悔い改めることができる。罪に敏感にな
り、ひとつひとつ赦しを受け取ろう。最大の恵みだ。


2022年12月07日(水)

「そして、弟を連れてあの方のところへ出かけて行きなさい。全能 の神がその方に、あなたがたをあわれませてくださるように」 創世記43:14



兄たちの悪意により隊商に売られたヨセフは、エジプトで総理大臣
になった。大飢饉の中、そのヨセフのもとへ、以前ひどい事をした
兄弟達が食糧を求めてやって来た。ヨセフはシメオンを人質にし
て、ベニヤミンを連れて来るようにと、食糧を持たせ帰らせる。

そしてその食糧が尽きた時、再度食糧入手のために、どうしてもヨ
セフのもとへ行かなくてはならない。父親ヤコブは、ベニヤミンを
手放す事を渋り続けていた。しかしシメオンが捕らわれたままであ
り、食糧は不可欠で、ベニヤミンを連れて行くしかない。

ヤコブはヨセフを失い、ベニヤミンを更に溺愛していたのかも知れ
ない。ユダの、ベニヤミンもシメオンも、必ず連れて戻るとの強い
説得により、ヤコブは決心する。「私も失う時には、失うのだ」
と。これは、ヤコブが、主に、何もかも明け渡した信仰の言葉だ。

ヨブが「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな」と言
った。そのように、主は取られるが、また、与えることもできる。
すべては、主の御手の中であり、主のお心のままにとの信頼だ。ヤ
コブは、愛するヨセフを失い、ラケルも死別し、最愛のベニヤミン
まで失うかも知れない。

しかし失うまいと、固く握りしめて放さなかったベニヤミンを、主
に渡した時に、ベニヤミンだけでなく、思いもよらなかったヨセフ
をも取り戻した。もう一度一つ家族にされ、飢饉の中、皆の命も救
われた。結局、何も失っていなかった。今、あなたの堅く握りしめ
ているものを、主に委ねるように示されているだろうか。
------------
失うまいと握りしめているものにいつの間にか支配されてしまう。
主の手に渡せるように祈ろう。主が豊かに与えてくださり、また
主が取られる。新たな祝福のためだ。主を賛美していよう。


2022年12月06日(火)

「看守は・・ふたりを引き取り、その打ち傷を洗った。そして、そ のあとですぐ、彼とその家の者全部がバプテスマを受けた」 使徒16:33


パウロは、宣教する場を求めていた。アジアで語る事を禁じられ、
ビテニヤの方へ行こうとすると、それも阻止され、残りの西方面に
向かった。トロアスで「マケドニアに渡って来て、私たちを助けて
下さい」との幻により、導きを確信しマケドニヤに渡った。そして
ピリピの町へ。

川岸の祈り場へ行き祈り、そこにいた女たちに宣教した。その後、
占いの霊に憑かれた女奴隷から、悪霊を追い出した。すると儲ける
事が出来なくなった主人たちに、訴えられ、捕らえられ、投獄に。
むち打たれ、暗い奥の牢へ監禁された。御霊の示し通りに従ったの
に、祈ったのに、苦しみに会った。

こちらに落ち度は無く、ましてや宣教したいのに、投獄だ。これは
一体どういう事なのか。何もどうにもならないではないか。
見える所、悩みと問題、行き詰まりだが、しかし主の計画は着々と
進められていた。牢獄で不平一つなく、祈り、賛美する彼らの姿
は、囚人たちに驚きの証しとなった。

結果的に、投獄ゆえに、看守が救われ、何と全家族が救われ、ピリ
ピの教会の核となって行った。主に間違いは無い。今は見える所、
わけがわからないが、先を見据えておられる。ちゃんと従ったの
に、あんなに祈ったのに「なぜ?どうして?」の状況にあるだろう
か。

今は全体像が見えないが、主はご自身のご計画を進めておられる。
主に間違いはない。「恐れないで、信じていなさい」「神を信じ、
またわたしを信じなさい」、主はプランを進めておられる。信じよ
う。
------------
祈って始めたのに何故だろう、どこが間違っていたのかと不安が襲
うが、不信仰に陥らず主を見ていよう。途中で起こることも必ず主
のご計画の中のことだ。不安な思いを祈り主を信じていよう。


2022年12月05日(月)

「アブラムは主がお告げになったとおりに出かけた・・アブラムが 出かけたときは、七十五歳であった」創世記12:4



アブラムは、生まれ故郷、父の家を出て、主の示す地に行けとの、
召しに答えて、主の言われた通りに従った。親族と別れ、故郷を出
て、父の家を出なければならなかった。大きな代価を払わねばなら
なかった。高齢の彼にとり、覚悟を決めた、大変な決心であっただ
ろう。

親族たちのいる故郷、そこは安心、安全な地で、どんなにか居心地
が良い、心穏やかにおれる場所だろう。そこから出るという事は、
未知の世界へ出る事で、どんな危険があるかもわからない。不安や
恐れはどうだろう。しかしアブラムは従った。私達も主に従うため
には、犠牲を払う必要があり、自分が堅く握り締めているものを手
放す事があるだろう。

一つ〃を、主が指し示される。それらを一つ〃と明け渡して行く時
に、今まで知らなかった、経験した事のない喜びを知る。御霊によ
る喜びだ。その時に、主を新たに知り、信仰に前進して行ける。主
は、アブラムに、ただ行けと言われたのでなく、約束を与えられ
た。あなたを大いなる国民とすると。サラが不妊の時であり、サラ
に子どもができるという素晴らしい約束だ。

彼は主を仰ぎ、主に信頼し、主の約束を握り、出発した。私達も主
の約束を握る時、どんな状況であれ進んで行ける。主が共におられ
るからだ。そして主が先導される。今、主の示しが臨んでいたな
ら、従うよう、決心できるよう祈ろう。信仰に前進して行ける。
------------
御言葉や御霊に示され心に新しい決心が生まれてくる。御霊の導き
に従おう。従うために手放さなければならないものも示される。
主に明け渡していきたい。主に祈り前進していこう。


2022年12月04日(日)

「祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうす れば、そのとおりになります」マルコ11:26



御言葉に次のようにある。「神を信ぜよ。祈って求めるものは、す
でに受けたと信ぜよ、その通りになる」と。しかし次のように続く。
「立って祈っている時、誰かに恨みがあるなら赦すように」と、赦
しが強調されている。赦さない心は祈りを妨げ、しゃ断してしまう。
私たちはしょっ中失敗する。だが神は豊かに赦し続けて下さる。罪
を犯さないのでなく、罪は犯してしまうが、赦されて〃生きている。

ずっと赦され続けているのだから、私たちもまた赦すべきだと。恨
み憎しみがあると祈れなくなる。心にとがめがあり、主との間に隔
たりができ、確信もった祈りができない。ある人が切実な必要があ
り祈っていた。幾ら祈っても答えが無い。その中、ある人の仕打ち
に、根深い恨みが、心の奥に巣くっている事を示された。

これが妨げとわかり、悔い改めて、その相手を赦した。その後、見
事に祈りが答えられた。ある人は友人と言い争いになり帰宅した。
自分は悪くない、相手が悪いと思う。だが平安が全く無く、心が重
苦しい。御霊に探られ、示され、電話し、自分サイドの悪い態度を
謝った。すると相手も、同じ事を考えていたと言い、即、和解とさ
れた。平安が戻り、喜びが湧いた。

赦さない心は、祈りを遮断してしまう。答えを受け取るために、密
かな恨みが、赦せない思いが潜んでいないかどうか、御霊に探って
頂こう。そしてあるがままの心を祈りに持って行こう。主は取り扱
い、助けて下さる。自分の心に責められなければ、大胆に御前に出
ることができ、求めるものは何でも主からいただける。豊かな祝福
にあずかれる。

・・・・・・・・・・・・・
主が、誰かに恨みがある事が、祈りの障害になると言われている。
沢山の証しにも接する。赦せない思いがある時、まず平安が無く、
確信持った祈りができない。御前に、恨みを悔い改める時、相手は
相手の問題であり、自分は平安にされる。


2022年12月03日(土)

「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは 私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み 取られます」詩篇139:1

「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは
私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み
取られます」詩篇139:1

ある人の証しだ。主との交わりが大切で、その手段として祈る事が
でき、自分の願いや悔い改めを主に告げて行ける事。主は御言葉を
通して語って下さり、お心を現して下さる事。デボーションが大切
で、信仰生活の生命線だと教えられ、よくわかる。主との交わりが
まず大切だと、わかっているつもりなのに、なかなか祈りの時間を
持てないし、聖書も読めない。

ズルズルと、あっという間に1週間が過ぎる。教会に行き、世に流
されていたと気づき、祈りの生活をしたいと思う。だがついテレビ
やネットで時間がつぶれ、動画や雑誌は幾らでも見れるのに、聖書
が読めない。好きな事なら時間を忘れる。なのに聖書の時間は無い。
こんな繰り返しに自分でもいい加減嫌になり、主のもとへ行き祈っ
た。

正直に打ち明け、助けを求めた。すると祈りの中で、主を本気で求
めていない事に気づかされた。しかし自分ではどうにも出来ず、
「求め」が与えられるよう、祈ろうと思った。その時、紛れもなく、
祈った祈りの答えである事に感謝した。祈る事も聖書を読む事も、
自分の力では出来ない。助けを求める時に主を経験して行く。

ある人は、なかなか祈れないので、主に助けを求めた。その時、忙
しいから、時間が無いからでなく、祈らなくてもやって行けると、
思っている自分に気づかされた。それは高慢ではないか。御霊の気
づきを与えられ、心から感謝した。自分で何とかするのでなく、ま
ずありのままを主に告げよう。その祈りは答えられる。

・・・・・・・・・・・・・
日々の祈りと御言葉のデボーションが大切であり、信仰生活の生命
線である事が頭ではよくわかるが、自分の力では続けられない。義
務になって、喜びが無くなってしまう。そんな時、ありのままの状
態を主に告げる時に、確かに何かが変わるから不思議だ。


2022年12月02日(金)

「ところが、彼らは気にもかけず、ある者は畑に、別の者は商売に 出て行き、そのほかの者たちは、主のしもべたちをつかまえて、恥 をかかせ、そして殺してしまった」マタイ22:6



王が、王子の結婚の披露宴を開いた。だが招待客は、皆、断って来
たのだ。神の事、永遠の事より、今の地上の事柄が心を占め、目の
前の事に心を奪われる。王や王子の祝宴等より、まず大切なもの
が、畑、商売、この世の事だった。ましてや、王の使いを殺してし
まうとは。招待客はふさわしくなかったので、王は、大通りで誰で
も招くよう命じた。

片っぱしから招くと、宴会場は満員になった。だがそこに婚礼の礼
服を着ていない客が一人いた。王は怒って外に放り出した。通り
で、突然呼ばれるわけで、誰も礼服など持っていない。この礼服は
主催者側で用意されていた。だから放り出された人は、王の礼服を
故意に退け、意識して拒否した事になる。自分の服が良いと。

彼は、通りで招かれ、招きは拒まず来たが、王の前に出る「礼服」
は拒んだ。「招待される者は多いが、選ばれる者は少ない」。どこ
までも自分の力、自分の功績を捨てたくない。礼服を拒む事は、自
分の善行、自分の力で義と認められようとする事だ。

神の考えより、自分の方を正しいとするなら、神を認めず、拒否す
る事になる。自分の思いやプライドに固執しているだろうか。王の
礼服、義の衣、主キリストを感謝と共に受け入れ、自分の身につけ
て、主と一つとなり従って行こう。その時、披露宴の大きな喜びと
楽しみにあずかる者とされる。
------------
出来るところまでは自分の力で頑張りたいと、主を信じていても、
中途半端なプライドを捨てきれない。自分を脱ぎ去り主の与えてく
ださる義の衣を身に着け、喜んで主の招きに従おう。


2022年12月01日(木)

「ひとりのサマリヤの女が水を汲みに来た。イエスは『わたしに水 を飲ませてください』と言われた」ヨハネ4:7


主はユダヤからガリラヤへの途上、あえてサマリヤを「通らねばな
らなかった」。ユダヤ人はサマリヤを通らない。ユダヤ人とサマリ
ヤ人は付き合いをしなかった。しかし主はサマリヤを通られた。そ
れは非常に渇いて、救いを求めている一人の女性に会うためだっ
た。

主は「旅の疲れで」井戸のかたわらに座られた。非常に疲れておら
れた。主も私たちと同様に疲れを覚えられる、私たちの良き理解者
だ。ここで彼女は偶然、主に出会ったのではない。主の方が、彼女
を求められたからだった。そのためわざわざサマリヤを通られた。

主から「わたしに水を飲ませて下さい」と話しかけ、会話の糸口を
作られた。そしてその場で、個人伝道をされた。彼女の心は渇いて
いた。その空洞を満たすために男性を求め、5回の結婚と離婚を繰
り返し、今は同棲中だった。何度結婚しても、心の空洞は満たされ
なかった。

女性たちが、お喋りを楽しむ夕方には姿を現さず、人目を避けて、
カンカン照りの昼間に水を汲んでいた。人の目をはばかる生活であ
った。そんな心虚しく生きていた彼女に、主が近づき、罪を示し、
救いを与えられた。すると今まで人と会わず、隠れていた彼女が、
生活に大切な水がめを置いて、町へ出て行った。

そして人の前に出て、言った。「来て、見て下さい」と主イエスを
指した。彼女は満たされ、変えられた。同様に私たち一人〃をも、
主は目を留めて下さったので、救いに導かれた。そして今もずっと
変わらず、慈しみ、目を留めていて下さる。
------------
最悪の底で主に出会う。主を知り、主に知られているという事実に
大きな慰めと新しい力を得る。主に出会え主に委ねて歩める平安に
感謝だ。