「面・長夫(おも ながお)」
      2006 1月下旬

 制作期間  2時間

 使用羊毛 ロムニー
     (ナチュラル、化学染め)

 重量 35g
   
 作成方法

  気の向くままフエルト。

 

  取っ手は失敗しましたが、編み針を収納するのに丁度良いものが出来ました。これは嬉しい。

  「フエルトは肌触りに難点、課題が残る」と申しておりましたが、今回で払拭したかも?といいますのも、

 今まで使用していた羊毛は「メリノ」という種類で、これは柔らかくてワタクシ好みの羊毛。ですが、

 毛玉ができ易く、触れた際の質感には首を傾げざるを得ませんでした。

  一方、今回は「ロムニー」を選択。この羊毛はどちらかというと固く、まさに羊だなあ、

 という毛質でこの世界では知られています。(と思います)フエルト化はしにくいですが、

 出来上がった感触が個人的には好きですね。作業のし易さからメリノを選んでいましたが

 ロムニー株は急上昇です。今後ニットフエルトと共に研究していく素材になりそうです。

  ところで、編み針は油断していると目に突き刺さりそうなので、こういう収納袋があると便利ですね。