2018年度ゼミ募集のお知らせ

本年度のゼミ選考は終了しました。第3次募集は実施しません。

第22期生の部屋を開設しました。事前指導の日程を確認してください。



<テーマ>     地方財政の諸問題
<使用テキスト> 橋本恭之・鈴木善充・木村真・吉田素教・小川亮『地方財政改革の検証』清文社
         

 
<年間スケジュール>
2018年度後期 テキスト輪読、プレゼン練習
2019年度前期  プレゼン練習、対抗ゼミ論文作成
2019年度9月  夏合宿(六甲山荘)
2019年度後期  プレゼン練習、懸賞論文作成、卒業論文準備 
2020年度前期  卒業論文報告
2020年度後期  卒業論文作成

 その他の行事 学内対抗ゼミ、工場見学、就活相談会などを予定。

<応募条件>
・3年次においては、4回生のゼミの時間にも出席すること。
・合宿(3年次9月を予定)等のゼミ行事に参加できること。
・財政学Tを履修中であることが望ましい。財政学T未履修者には3年次で履修を義務づける。
・ゼミ委員長(合宿担当)、ゼミ副委員長(合宿担当)、会計(コンパ担当)、ゼミナール協議会委員(学内対抗ゼミ担当)の役職のうち、第3希望まで申告すること。
・事前登録に応募すること。
・プライバシー保護したうえでのゼミでのFacebook活用に同意すること。
・グループ(4人〜6人)単位での活動ができる人
・無断欠席、無断遅刻をしない人

<応募課題>ゼミで研究したいこと
<選考基準>応募課題による選考
        

<橋本ゼミ相性診断>
 

以下の設問に正直に答えてください。すべてチェックした後、「採点します」ボタンをクリックしてください。満点は100点です。
問1 経済(学)に興味がある
はい いいえ どちらともいえない

問2 財政(学)に興味がある
はい いいえ どちらともいえない

問3 税制に興味がある
はい いいえ どちらともいえない

問4 ゼミは絶対に休まない自信がある
はい いいえ どちらともいえない

問5 自分のコンピュータを持っている
はい いいえ どちらともいえない

問6 e-mailアドレスを持っている
はい いいえ どちらともいえない

問7 プレゼンテーションがうまくなりたい
はい いいえ どちらともいえない

問8 ゼミ旅行でスキーや温泉に行きたい
はい いいえ どちらともいえない

問9 カラオケがすき
はい いいえ どちらともいえない

問10 卒業してからもみんなで集まりたい
はい いいえ どちらともいえない



<橋本ゼミ予備登録>
第2次募集での事前選考への応募者は、11名だけだったので応募者全員を内定としました。
内定者は6月7日(木)9:30〜12:30に第2学舎1号館第1会議室に正式な申込書を提出してください。



< 第2次募集では12名のゼミ生を募集します。
参加希望者は、自己 紹介(出身高校、クラブ・サークルなど)、自己アピール、ゼミへの志望動機、研究計画、希望するゼミの役職(ゼミ委員長(合宿担当)、会計(宴会担当)、対抗ゼミ委員)を記入のうえ、Eメール(PCメールを拒否している携帯メールからの送信は不可)にて
必ず予備登録をお願いします。
予備登録された方には、
6月6日(水)午後8時までに到着したメールの志望動機、研究計画の内容を審査して、当日中にお知らせします。受け取ったメールにはすべて返事を出します。返事が届かない人はメールアドレスを確認のうえ再送付してください。
予備登録の際には、以下の内容をメールに直接記載するか、ワードファイルをメールに添付して送付してください。メールの送付先は、hkyoji@kansai-u.ac.jp(迷惑メール対策のため、アットマークを全角にしています。アットマークを半角@に変更してください)でお願いします。
なお、質問のある方は、メールにてお問い合わせ願います。



学籍番号 氏名
e-mailアドレス
自己紹介
自己アピール
志望動機
研究計画
希望するゼミの役職(第3希望まで記載)


なお、メンバーが確定した段階で班別に事前指導をおこないます。詳細はメールとホームページでお知らせ致します。
内定者は、10〜12:30PMに第2学舎1号館1F第1会議室に正式な申し込み用紙を提出してください。
事前選考で提出した志望理由を印刷し、貼り付けてもかまいません。なお、応募者への課題欄は空白でかまいません。取得単位数、GPAを記載してください。班分けの参考にしますので。

なお、メンバーが確定した段階で班ごとに事前指導をおこないます。詳細はメールとホームページにてお知らせいたします




<2018年度の応募状況>



2018年度の事前選考の応募者は第1次募集8名(内定8名、提出6名)、第2次募集の応募者は12名(提出11名)でした。





【財政学の館】トップページへ 

Copyright(c) 1999-2018  by Kyoji Hashimoto
2018/06/06 20:19:07