『北越雪譜』の著者、鈴木牧之(すずきぼくし)は明和7年(1770)塩沢に生れました。幼名:弥太郎、元服後:儀三治
牧之の家は、代々縮みの仲買商を稼業とし、父の影響を受け幼い頃から学問や文芸の道に励みました。
 牧之の交友は広く、作家では山東京伝や弟の山東京山、十返舎一九、滝沢馬琴など、その他、画家や書家、俳人、役者など200人余りにのぼっています。
 学問や文芸にたけ几帳面であった牧之が遺した資料から、当時の文人や画家などの様子を知ることができます。



『北越雪譜』
雪国越後の民俗、習慣、伝統、産業について詳述した牧之の代表作。発案から出版まで40年近くかかったことで知られています。
 天保8年(1837)に山東京山によって開板。当時のベストセラーとなり、現在も多くの人に愛読されています。

雪国越後の民具を紹介
牧之の遺墨関係を紹介
雪崩博士 荘田幹夫を紹介
塩沢の織物・国の重要無形文化財指定「越後上布」製作工程を紹介
開館時間
 午前9時〜午後4時30分
観覧料
 大人500円(400円)、 小・中・高250円(200円)
 ※( )は20名様以上の団体料金。
 ※障害者手帳等をお持ちの方および介護者は、観覧料が無料になります。
   受付にて手帳をご提示ください。
休館日
 毎週火曜日

 冬期休館:12月29日〜1月31日
 (但し、団体でご予約の場合は開館いたします。)

アクセス
 上越線塩沢駅から徒歩10分
 関越自動車道 塩沢・石打ICから車で15分
 関越自動車道 六日町ICから車で10分
別名「雪の文化館」
せがい造り木造2階建
平成元年5月4日開館

雪文化3館とは・・・
鈴木牧之記念館・トミオカホワイト美術館・十日町市博物館の3館で、雪国の文化と芸術を紹介する共通姉妹館として提携を行っています。

〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢1112-2
TEL&FAX 025-782-9860