marumasu

耐震足立区の今

  先日足立区役所において耐震診断士.耐震施工者に向けての会合が有りました

耐震に対する運動が盛んな神奈川県平塚のNPO法人代表による取組説明の後

 区の説明が有りました.以下.概略をお話しいたします.詳しくは下にその時の資料

添付しましたので興味のある方ご覧ください。
 
数年の取り組みで助成申請400件弱で内改修助成金の申請者96件との事でした

確か区内で候補住宅は9万件位と依然聞いていたので件数の少なさにはいささか

驚きを隠せません.ただ他の行政でも同じようなもので先日の新聞にも有ったように

全国で17政令市と都内23区で2006年以降5200件とか290万件の強度不足有

るとの見解から見るとお寒い話です.思うに補助金の他に要する金額の問題も有る

と思われます.当社の今までの経験から言って評点1.0を上回る補強にはやはり150万

程度の金額は平均で掛っています.ただ足立区は1.0以上を要求せず現況より補強

出来ていれば補助金の対象とするとの見解です。

  改正内容
 平成21年度より下記のように変わります   4月1日の新年度より下記決定です

 耐震診断助成金 現行10万円    改正後 10万円   改正無し

   当社では普及させる事を前提との見解から一律10万円にて対応しております

 耐震改修工事助成金 現行50万円  改正後 80万円  30万円のアップ
   
    60歳以上の同居者世帯は 現行70万円  改正後100万円   30万円のアップ

          ただし耐震改修工事の工事額の1/2以下となります

  当社の取り組み

   ここで問題なのは平均150万円の内.半分の75万円は自己負担になる点です
 では逆に75万円で出来る.耐震補強は無いのかということになるのですが有ります

  当社独自の補強キットの採用により可能です.

 このあたりは.今回の現状説明とは別のことなので改めてお話させて頂きます

 足立区役所配布資料
 
  siryou1.pdf   siryou2.pdf

    この項終わり   MARUMASU通信へ戻る