ポテトチップのプロフィール


1958年、農家の長男として生まれる。
昭和53年春、北海道立農業大学校を卒業し家業の農業に就く。
十勝管内中央部にて小麦・馬鈴薯・甜菜・小豆・スイートコーンなど
約35haの畑作専業経営を営んでいる。
馬鈴薯はカルビーポテトチップス用・スイートコーンはクノールカップスープ用。

パソコンとの出会いはカシオのポケコンPB-200
を手に入れたことから始まる。翌年、地元でパソコン講座があり受講したのが
パソコンとの初めての出会いでもある。講座の機械は富士通のFM−7であった
が、その後に購入したのはどういう訳かNECのPC-8801mk2であった。
最初はBASICの違いに結構とまどった物です。
後の本機の変遷は、PC-9801vm21・PC-9821Ap2FMV-T20(Pen200)
2002年2月、ようやっとPen200から卒業してPen4 2.0でフルタワーマシンを組み上げる。
2004年3月GIGABYTE−GA8IG1000ProGとPen4 3.0G
2008年1月GIGABITE-P35DS4とCore2Quad Q66002.4G 


パソコン通信との出会いは1988年2月であった。北海道新長期計画にある
アグリコンプレックスの一環として、農村と都市とのコミニュケーション手段の
モデル事業としてPC-VANのCUGとして開設された「North-Wins's」に参加したのが始まり。
当時は300bpsと今を思えば想像を絶するほどの遅さだった。
ちなみに「ポテトチップ」はこの時に付けたハンドルで、
由来はポテトチップス用の馬鈴薯をたくさん作っているからです。
すでに現代用語辞典にも載った【電直】は、この時のグループで生まれた言葉です。
また、PC-VAN加入ととともに、「AGネット」でも農業者のみならず、国内各地の消費者等とも交流を行い、土浦市で行われた第2回農業情報パソコン通信大会では、パネラーを務める。
平成8年からはNifty-Serveの「食と農のネットワーク」(FAGRI)に参加すると共に「北海道フォーラム」(FHOKUTO)など数カ所のフォーラムやpatioにも参加した。

インターネットとの出会いは1996年1月で1年後の1997年1月
ホームページ開設の運びとなる。
開設当初からの主眼は「十勝農業を広く伝える」
学校関係からの問い合わせも多く、訪問した学校も・・・・

現在の参加SNSはFaceBookとmixi

趣味は高校生の時に始めた写真で、自宅にも暗室を設けて
白黒の自家現像に励んだが、今は物置状態!!
フイルムカメラはMINOLTA SRT-Super・XD・α8700iを使っていたがデジタルに変更でお蔵入り。
デジカメはEPSON CP-200が最初。その後SANYO-X200・MINOLTA Dimage7・α7D・Canon 5D。
現在はコンパクトではCanon-G2
・SybershotDSC-TX10。一眼レフではCanon 5DmkU・mkV・30Dを使用

2013.01.19現在

potato@bh.wakwak.com