2014年
10月15日
ますます哀れな葉になってます。
右の写真は抵抗性品種が3割くらい混ざっててかなり発病が軽減。
10月1日
カッパン病で哀れな葉っぱ。
収量はありそうですが糖分はどうでしょう。
9月15日
カッパン病もますます深刻になってきた。
カッパン病に比較的強い品種はさほどでない。
9月1日
西部萎黄病が深刻になってきた。
8月15日
カッパン病が急激に増えている。
8月1日
根部の肥大は順調。
7月15日
今年も西部萎黄病にかかっている。
アブラムシの防除はしっかりしているのだが、これ以上はどうしたらよいのだろう。
7月1日
順調な生育だが、凍害のひどいのは小さな葉がこちゃっとしている
6月15日
6/7以降ようやっと雨が降り一気に大きくなる。
でも、凍害を受けた畑(右)は今一。
6月1日
凍害を受けた畑と無事だった畑でますます差が出ている。雨不足が更に拍車。
写真は無事だった畑。
5月15日
凍害を受けなかった株はだいぶ大きくなったが、枯死して補植した苗は水不足も相まってやっと生きてる感じ。
5月1日
4/29に-6度以下の強霜と前日の強風が相まって植えて3日後の苗でもかなりやられる。
4月15日
順調な生育だが、購入した育苗土の部分は色むらがある
4月1日
4枚目の本葉が見える。

3月15日
播種3/5〜6日
発芽率96〜98%


2014年