ポテチ日記(2008.08)

晴れ
晴れ
薄曇
薄日
曇
曇り
小雨
小雨
雨
雪
一時
一時
時々
時々
のち
のち

※天気は我が家での天気です。


0808気温 0808日照降水

8月31日(日) …生食コーン収穫出荷、馬鈴薯防除、屋根塗装

曇一時小雨

イモの防除。スノーデンの疫病防除をした後、トヨシロの圃場1枚に茎葉を枯らす薬の散布。終わるとまもなく小雨が降ってきたが薬剤を流すほどではなくホッとする。
ワイヤーブラシで磨いたままになっているトタンに錆止め塗料を塗る。途中、またしても小雨が降ってきて退散。でもすぐに止んでくれて、乾いてから続きを塗る。ようやっと屋根22坪分の錆止め塗りが終わる。今度は上塗りをしなくては。変な天気で、終わるまでに何日かかるやら!!


8月30日(土) …生食コーン収穫出荷、機械整備

曇
夏日

ようやく雨のない一日。最高気温も平年を上回る。ポテトハーベスターを動かして点検。周期的な気になる音がする。ネジがカバーに触れているみたいな音だ。でも、カバーには何も当たってない。カバーを外しても音がする。油圧ポンプを駆動しているチェーンを外してみる。今度は音がしない。ベアリングだろうか。もう一度チェーンを付けて回してみる。やはり周期的な音がする。ベアリングの回転周期とは全然違うのでベアリングではなさそうだ。よく見ていると、チェーンが一回りする度に音がする。チェーンをもう一度外してよく見てみる。半コマのピンの穴のガタが気になる。このガタでピッチが変わってるようだ。新しい半コマと交換すると音が出なくなった。ついでにチェーンも新しいのと交換。
午後からは役職対抗のパークゴルフ大会に参加。


8月29日(金) …生食コーン収穫出荷

雨のち曇

相変わらず雨。午後は曇り空となる。府県では1時間に140mmも降ったところがあるとか。想像も出来ない世界だ。
遅まきしたスイートコーンの収穫を始める。早出しの時はやたら大きかった俵だが、今回は普通の大きさだ。何が違うのだろう???


8月28日(木) …

曇一時雨

あれ〜〜!! 雨は夕方からの予報だったが、午前中はぱらぱら。午後からは一時本気で降る。
朝のうちは雨が降る感じがなかったので、屋根に登った塗装面を荒らす作業を始めたがやがて黒い雲が出てきて雨がぽつぽつ。あえなく退散。急遽予定を変更して札幌に用足しに行ってくる。


8月27日(水) …ポテトセミナー

雨

雨の一日。時には本降りの時もある。
ポテトセミナーがあり参加。本来は畑で行う予定だったが、雨のためD型内で行う。種芋の播種前の温度管理によるイモの付き方の比較。温度をかけ過ぎると球数が減るのが顕著。普段行われているミニコンテナでの欲光も、容器内上面と底面での温度差が大きく問題のようだ。茎密度による種芋間隔の調整も、種芋の大きさをそろえてそれにあった株間に播くと粒ぞろいがよい。また、小さめの2つ切り大の種は、切らないで株間を遠くして播いたほうが良い結果も見られる。株間を近くすると、培土の地割れも連続になる傾向とか。加工イモでも、中間サイズのイモが求められ、価格差も付けられ始めた。来年に向けていろいろ検討しなくては。


8月26日(火) …屋根塗装、畑周囲草削り

小雨のち曇

朝のうちは小雨だったが曇り空の一日。屋根に上がって浮いたペンキをはがす。明日は錆止め塗り・・・・と思ったら、夕方の天気予報では明日は曇りのから雨になってしまう(>_<)


8月25日(月) …

小雨一時曇

じゃがポックルと生キャラメル相変わらずパットしない天気。予報では朝のうちだけ雨だったが、午後からはずっと降っている。週間予報の雨マーク、更に増えて30日までになってしまう。低温注意報は解除になったが、相変わらず寒い。
屋根のペンキ塗りは途中だが、この天気でぜんぜん出来ず。午前中は空港に行ってじゃがぽっくる。花畑牧場に行って生キャラメルをゲット。相変わらずどちらも入手しづらくなっている。


8月24日(日) …馬鈴薯防除

曇のち小雨

朝のうちにイモの防除。午後は小雨模様の天気になってしまう。


8月23日(土) …小豆防除、甜菜防除、トヨシロ茎葉処理、屋根塗装

曇
低温注

日中晴れる予報だったがぜんぜん晴れず。それどころか、数日前まではずっと曇り予想の週間予報だったが、日が経つに従って雨マークが増えて、いつのまにか25〜28日の間全部に雨マーク。ありゃりゃと言う感じ。
朝早く、小豆の防除をした後トヨシロの茎葉処理のための農薬散布。夕方はビートの防除。予定より少し早いが雨の予報で早める。
日中は屋根に登って浮いた塗料をはがして錆止め塗りの続き。ずっと天気が悪そうなのでいつ終わるかな。


8月22日(金) …甜菜抜き草、屋根塗装

晴れのち曇
低温注

晴れが顔を出したが、オホーツク海からの寒気が主流で相変わらず寒い。稚内の沼川では最低気温が1.5度とか。うひょーという感じ。でもそれ以上に驚いたのは、道内8月の過去の最低気温は今から100年以上前の帯広で8/3に2.5度だったとか。真夏のその気温は半端じゃない。どんな年だったのだろう??
旧畜舎の屋根のペンキがかなりはがれたりしている。浮いた塗料をはがしてまずは錆止めを塗る。
午後からはWTOや新農業政策がらみの学習会で帯広へ。


8月21日(木) …甜菜抜き草

曇
低温注

相変わらず寒い一日。でも全道集会で訪れた札幌はよい天気。中島公園で全道から5300人が集まって、資材高騰に対する緊急集会。終了後は大通り公園までデモ行進。
家ではビートの抜き草を始める。


8月20日(水) …

小雨のち曇
低温注

低気圧に寒気が伴っていたため気温がぐっと下がり、更にはオホーツク海高気圧が張り出してきて低温注意報が出てしまう。小豆は終盤の花がたくさん咲いていて影響が心配だ。天気予報では「農作物の管理に注意しましょう」と言ってるが、どうやって注意したらいいの????


8月19日(火) …機械整理

曇
夕方雨

ぼちぼちポテトハーベスターの整備をしなくては。格納庫の奥まったところにあるので、前にある機械を移動してトラクターに付けて出す。降り積もっている埃をコンプレッサーのエアーで飛ばす。


8月18日(月) …肥料運び、集会参加

晴れのち薄曇

帯広競馬場のスタンドが会場朝のうちは霧がかかっていたがすぐに晴れてくる。でも、午後は雲が多め。
来年使う肥料、500kg入りはすでに届いているが、20kg入りを農協肥料倉庫から運ぶ。この肥料が、昨年より6割も7割も値上がりしていると思うとゾッとするとともに、物によってはかなり品薄になっている現状もあり、来年使う肥料全部は揃わなかった。物がないというのもある意味、価格以上に恐ろしさを感じる。
その資材価格高騰の窮地を広く伝えるための「資材高騰に対する農業危機突破 十勝大集会」が午後から帯広競馬場で農業者など3000名を集めて行われ、大会後は帯広市内2.5kmをデモ行進した。
ここ最近の急激な資材価格の上昇は、経営努力の範疇どころではなく、生活そのものを脅かすレベルである。自給率向上が叫ばれている中にあって、肝心の経営が成り立たないので絵に描いた餅どころではない。


8月17日(日) …

薄曇
日中晴れ

札幌2日目。のんびりと朝を迎えた後、娘も一緒に藻岩山の山頂へ。天気も良く眺めは最高で、写真撮影は忘れてしまう!!
あちこち用事を足した後、夕方帰路につく。札幌から十勝への道路は数列の北海道の背骨を横断するコースで、山岳部分がすごく多い。5〜6%勾配が延々と続く所もある。必然とアクセルを踏んでしまうが、燃料がもったいなー!!
札幌往復400km。道中は事故現場もなく無事に帰宅。


8月16日(土) …

晴れ時々薄曇

札幌に用事があり、朝出かける。
道中の日勝峠や石勝樹海ロード、普段は大型車がすごく多いが、今回は帰省帰りの乗用車がすごく多い。
途中、妻の希望で自家栽培の花でドライフラワーを作り販売しているところに立ち寄る。花畑だけでもかなりの広さだ。


8月15日(金) …生食コーン後片付け

曇
夕方雨

未明まで雨の予報だったが、低気圧が予想より南を通ったためぜんぜん降らず。畑は乾きすぎているので雨が欲しい。そんな気持ちが通じたのか、夕方から雨になる。でも、雨量は3.5mm。
相変わらずのんびりとした一日。疲れも幾分かは取れた感じ。
午前中はHPの更新作業。午後からは生食スイートコーンに使ったミニコンテナを片付けたりする。


8月14日(木) …

曇

雨が降る予報だったが、ほんの少しぱらついただけ。
いつ以来だろう。こんなにのんびり過ごしたのは。妻の実家へお盆の訪問。


8月13日(水) …小豆防除、馬鈴薯防除

曇

早朝より小豆・イモの定期防除。あれ〜!!防除の途中で雨がぱらついてくる。中断して朝食。その後雨も止み再開。流れるほどの雨ではないので問題ないかな。
午後からはお盆の墓参り。


8月12日(火) …加工コーントッピング、農協懇談会

曇一時晴れ

朝のうちでトッピングは終了。
農協の農事組合別懇談会があり出席。昨年始まった新農業政策による減収と今年の資材価格高騰。さらには肥料の大幅な高騰による所得減が試算されていた。それによると、平成18年比では平成21年は35%もの大幅な所得減になる。来年度に向けて、所得確保のための行動を起こさなくてはならない。


8月11日(月) …加工コーントッピング

曇
日中晴れ
夏日

手鎌で雄穂を切除4日の強風で加工スイートコーンはだいぶ倒れてしまった。雄穂を切除する機械が入れないので、手鎌でせっせと切って歩く。今年のコーンはやたら背丈が高い。鎌で切る高さは頭より高い。腕がだるくなる。腰も痛くなる・・・・・


8月10日(日) …甜菜防除

曇のち晴れ

朝のうちにビートのカッパン病定期防除。その後は地元選出道議の野遊会があり出席。


8月9日(土) …生食コーン茎葉処理

曇のち晴れ
夏日

早出し用とうもろこしの残っている茎や葉はチョッパーをかけて粉々にする。すぐにロータリーハローで土と混和。


8月8日(金) …生食コーン収穫出荷、緑肥エン麦整地

晴れ時々曇
夏日

早出し用とうもろこしの収穫がやっと終わる。7/15以来の早起きは終了かな。
種と肥料を蒔いた緑肥エン麦、ロータリーハローで土と混和。後ろのかごで鎮圧。


8月7日(木) …小麦後心土破砕、緑肥エン麦施肥・播種

晴れ
真夏日

小麦収穫後の畑にサブソイラーを入れて緑肥エン麦の種と肥料をばら播く。スタブルカルチで土を軟らかくする。


8月6日(水) …生食コーン収穫出荷、馬鈴薯防除、堆肥散布、乾燥機片付け

霧のち晴れ
真夏日

朝は霧が深かったが、日中は相変わらず良い天気で気温も高い。
イモの疫病定期防除。ワタアブラムシがスポット的に大発生しているところがあった。
小麦収穫後の畑に堆肥の散布を行う。ここは来年ビート畑になる予定。


8月5日(火) …生食コーン収穫出荷、小麦本乾燥

晴れ
真夏日

麦わらロール今日も晴れて良い天気。小麦の本乾燥2日目。昨日ほどではないが、今日もクーリングでだいぶ水分が下がる。夕方には全部の小麦の本乾燥が終わり出荷も終了。後半の生育期が長かったためか実入りが良くて、平年より1割以上収量増となった。
収穫が終わってる麦畑では、酪農家が麦わらをロールにしている。


8月4日(月) …小麦本乾燥

晴れ
NE強
夏日

朝から良い天気。北西の風が強くて、加工用コーンがだいぶ倒れてしまう。
良い天気で小麦の水分を12.5%まで下げる本乾燥を始める。好天・高気温・低湿度の3拍子が揃い、本乾燥には最も良い条件。クーリングでも水分がかなり下がるため、13%で火を止める。それでも仕上がり水分は12%台前半になる。


8月3日(日) …生食コーン収穫出荷

雨のち曇
雨

土日の雨は、直売所の人手に大きく影響する.朝のうちは雨で出足が悪かったが、雨が止んでからは人手が多くなる。
苗の移植区が終わり、今日からは直播き区。移植に比べてわき芽が多く歩きにくい。


8月2日(土) …生食コーン収穫出荷

曇時々雨

パットしない天気。北海道は気圧の谷の通り道。降水量が多くなる予報だったがさほどではなかった。


8月1日(金) …NHK生中継、生食コーン収穫出荷

雨のち曇

雨の朝。時折雷鳴も聞こえる。相変わらず早朝3時からスイートコーンの箱詰め。
NHKの生中継が全国と北海道内ローカルの3回で行われる。5時前からの準備中は雨がひどかったが、やがて止む。生中継と言うことで失敗は許されない。打ち合わせをしたあと何度かリハーサル。短い時間の放送だが大変だ。高さ23mの高所作業車も来て高いところからも撮影。ワイドパノラマという感じで映りがすごく良かった。アナウンサーとの会話も何とか無事に済む。あ〜〜、緊張!!
お昼前には自宅に電話で直接注文も舞い込む。愛菜屋でも、とうもろこし(スイートコーン)目当ての客がどっと来る。改めて放送の影響の大きさを実感。だけど残念ながら今日明日は我が家で穫れるゴールドラッシュが少ない!!タイミングが悪いなー。

23mの高さから撮影。中継車の準備も万端念入りな打ち合わせこの後リハーサル道路反対側の小麦畑からも全国生中継




晴
晴れ
薄曇
薄日
曇
曇り
小雨
小雨
雨
雪
一時
一時
時々
時々
のち
のち

Linkバナー検索等で来られた方はこちらからどうぞ。