ポテチ日記(1999.8)
晴
晴れ
薄曇
薄日
曇
曇り
小雨
小雨
雨
雪
一時
一時
時々
時々
のち
のち



8月31日 ……ポテトハーベスター整備
雨 秋雨前線が北海道南岸に横たわっていて一日中雨。
もうすぐ本格的な馬鈴薯収穫を前に、機械の整備をする。
8月30日 ……緑肥枕地ロータリー
曇一時小雨小麦後に緑肥をまいた畑、起こすときの縦起こしと横起こしの交わるところにロータリーをかけて緑肥をつぶしておく。こうして置くと、起こした後に緑肥が顔を出さなくて済む。
8月29日 ……馬鈴薯防除タイヤ跡サブソイラー
曇
小雨
最終防除が終わっているトヨシロ、防除の時のタイヤ跡にウイング等を外し爪だけにしたサブソイラーを入れて雨水が貯まらないようにしておく。
8月28日 ……明渠排水掘削土運搬
晴時々曇初日に掘った部分を堆肥散布機に積み込んで搬出。取りあえず今回の予定は無事終了。続きは作物の収穫が終わってから。
8月27日 ……明渠排水堀
曇のち晴 今日も明渠堀。完全にふさがっていた暗渠の出口も発見。水が行きおい良く出てきた。
夕方には何とか掘り終わる。やれやれ。
8月26日 ……明渠排水堀
曇一時小雨
一時薄曇
昨日に引き続き排水堀。今日の所は水が少ないのですぐに堆肥散布機(後ろの羽ははずして)に積んで搬出。運び出しながらやると能率がかなり落ちるなーー。掘っている最中にブームの先の方で虫がたくさん飛んでいるのを見る。暑くなって来たのでアブでも寄ってきたかなーーと思っていた矢先、バケットの中に蜂の巣があるではないか。なんと、土の中に蜂の巣があったではないか。あわてて飛び降りて一目散に退散。1カ所刺されただけで終わったのだ。掘るのを止めるわけにも行かず、その後の掘削は頭からすっぽりかぶる防除用のマスクとゴム手の完全武装で続けた。
8月25日 ……馬鈴薯防除・明渠排水堀
曇一時晴明渠排水が浅くなって暗渠の出口がふさがれるようになってしまったのでミニバックホーを借りてきて底をさらえる。ヨシが生えているので枯れた茎や地下茎が凄い。ドベドベなので掘り上げて後日運び出そう。
8月24日 ……
小雨
雨
今日は一日中小雨が降り続き夜は本格的な雨。前線が南に下がったので気温も18度までしか上がらなく久々に過ごしやすい。
乾ききっている畑には有りがたい雨だが、芋やビートの2次成長が気がかりだ。
8月23日 ……コンテナ運び
曇
のち雨
昨日は雨の予報で降らなかったが、曇りの予報の今日は夕方から雨になった。
本格的な馬鈴薯収穫はまだ先だが、馬鈴薯が1.5t入る容器を集荷場から103基運ぶ。
今年の馬鈴薯は高温のため澱粉価が低く油で揚げたときの色も悪いとか。チップス用として出荷できない芋も出そうとのこと。
8月22日 ……明渠堀り
曇時々晴 畑のはじの明渠が先日の大雨で法面が崩れて埋まってしまい暗渠の水がせき止められていたため、スコップで崩れた土を掘り上げる。相変わらず湿度が高く汗が吹き出る!!
父母や妻達は町の収穫祭、産業観光祭りを見に行く。
8月21日 ……スイートコーン耕起
雨
曇時々晴
朝のうちは雨が少し降ったが日中は結構日が差し蒸し暑い。
スイートコーンの収穫した後を茎葉を鋤込みながら起こす。
8月20日 ……スイートコーン収穫・甜菜防除
小雨のち曇 朝からスイートコーン収穫。収穫後はデスクをかけて茎葉を切断。
相変わらず高温多湿のため甜菜には葉が腐る病気が発生しているため防除。例年ならさほど必要のない防除で経費が増えるなーー。
8月19日 ……甜菜種草取り・スイートコーン収穫
晴のち曇連日の高温でスイートコーンは例年より1週間以上早く熟し、契約会社のハーベスターが来て収穫。先日の夕立で所々倒れているので片取りになってしまった。工場の原料が貯まったため途中で中止。
8月18日 ……草刈り・甜菜種草取り
曇一時晴甜菜の種草取りに入る。葉が大きくなっているので足を大きく上げながらでなければ歩けなく、足がつかれる。生えているのは雑草と言うよりも芋が多い!!
8月17日 ……馬鈴薯防除・肥料運び
曇のち晴
真夏日
朝の涼しいうちに馬鈴薯の防除をした後、来年使肥料を農協から運ぶ。同じ肥料でも年間を通しては7月が一番安い。う
8月16日 ……草刈
曇時々晴畑の周囲の雑草に種が付く前に刈り払い機で刈り倒す。
8月15日 ……小豆防除
曇時々晴 明日は雨の予報で小豆の灰色カビ病の防除を早めに行う(結局は降らなかった!!)。
「エリモ」はかなり莢が付いているが、「きたのおとめ」は少し少ない感じ。高温のため受精障害か実の抜けている莢もある。
8月14日 ……
曇一時
霧雨
妹一家が来てお盆休み!!
8月13日 ……キャンプ
曇曇りの朝となってしまった。尾岱沼を後に納沙布岬・霧達布経由で帰路に付く。今回の3日間は海上方面に霧がかかっていて、北方領土はうっすらとしか見えなかった。
8月12日 ……キャンプ
晴
朝晩曇
真夏日
夕べは海岸でも一晩中暖かかった。今日は羅臼から道の行き止まりの相泊まで行って来る。羅臼に戻って「熊の湯(無料露天風呂)」に寄ったら凄い人。
8月11日 ……キャンプ
晴
真夏日
芋掘りも終わり一段落。子供達とキャンプに出かける。
尾岱沼にテントを張り、中標津の友人宅に行ったりする。
8月10日 ……馬鈴薯収穫・農協パソコンルーム開所式
晴
真夏日
しかしまあ、いつまでこの暑さは続くのだろう。暑いので朝早くから馬鈴薯を収穫して出荷。
農協の研修用のパソコンルームが出来上がり、パソコンクラブの3役として開所式に出席。講師用PC1台と受講生用PCが14台。パソコンクラブの例会もここで行う予定。
8月9日 ……馬鈴薯防除・馬鈴薯収穫
晴
真夏日
朝4時から馬鈴薯の防除をした後、早生系の馬鈴薯「ワセシロ」の収穫を開始。6月の干魃と7月下旬からの高温で収量が少なく、澱粉価も低い。
8月8日 ……小豆・甜菜防除
晴
真夏日
高温多湿が続いていて甜菜の大敵である「葉腐れ病」が発生している。更に多湿が続けば一気に広がる様相のため急遽防除をする。
小豆も、多湿で発生する菌核病や灰色カビ病の防除。
8月7日 ……機械整備・吹奏楽コンクール
曇のち晴
真夏日
朝のうちは曇っていたが次第に晴れて蒸し暑い一日。
午前中はポテトハーベスターの整備。今年から畦幅を75cmに変更したのでハーベスターのタイヤ幅を変更しようと思ったが、ロックボルトなどのセット穴が無いではないか。機械が古い(10年を越している)ので75cm対応になっていようだ。はずしてセット穴を開けたりタイロッドに溝を付けたりして何とか変更。
午後からは帯広地区吹奏楽コンクールを見に出かける。娘の所属する中学校の吹奏楽部は昨年に引き続き全道への切符を手に入れた(^_^)
8月6日 ……機械移動
曇一時雨
雷雨
午前中と夕方に雷を伴った激しい雨が降る。小豆が倒れてしまいスイートコーンも一部倒れる。
小麦関連が全部終わり、もうすぐ芋の収穫。機械の出し入れをして使いやすいようにする。
8月5日 ……機械掃除
曇一時薄曇小麦の乾燥も全部終わり乾燥機やコンバインの掃除。
8月4日 ……緑肥畑整地
晴
真夏日
最高気温36.8度。うだる暑さ。全国でも2番目の暑さとか。
昨日種を播いた畑にサブソイラーを入れた後、ロータリーをかけて種と土を混ぜる。気温が高くトラクターはオーバーヒート寸前。
8月3日 ……馬鈴薯防除・緑肥種まき
晴
真夏日
うーーー暑い。こうも暑いと寒冷地作物のビートやジャガイモは生育が停滞してします。
早朝の涼しいうちにジャガイモの防除。茎が伸びすぎた所にはナンプ病が出ている。
小麦後に緑肥の種を播く。前回播いたのと合わせて8ha。
8月2日 ……機械整備
雨のち曇
のち晴
未明は一時的に激しい雨が降る。日本海側では大雨になっている。
トラクターのオイル交換をしたり、馬鈴薯防除の準備をしたりする。
8月1日 ……甜菜防除
晴のち曇
のち時々小雨
真夏日
暑い一日。甜菜のカッパン病防除。湿害で根が痛められた所は暑さで葉がぐったりしている。



晴
晴れ
薄曇
薄日
曇
曇り
小雨
小雨
雨
雪
一時
一時
時々
時々
のち
のち