馬頭星雲  なか@SP8
冬の星座を代表するオリオン座と、その中心にある三つ星(オリオンのベルト部分)を知っている人も多いのではないでしょうか。この写真に写っている一番明るい星は三つ星の一番左側(東側)の星(オリオン座ζ星)です。ζ星の下側には赤い散光星雲が拡がっていますが、写真中央付近に黒く窪んでいる部分があります。この黒い部分の形が馬の頭に似ていることから「馬頭(ばとう)星雲」と呼ばれています。馬頭星雲は地球から約1500光年の距離にあると考えられています。つまり、我々の銀河系の一員です。馬頭星雲付近の散光星雲は口径30センチクラスの望遠鏡を使っても部分的に淡い雲のように見えるだけですが、写真では、透き通るような赤いカーテンと眩いばかりの輝星に包まれた非常に美しい光景となります。天体写真を撮ろうとする人なら必ず撮してみたい対象です。