3.日常生活自立支援事業(受託事業)

 日常生活自立支援事業は、認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分な方が、社協との契約により福祉サービスの利用援助や、日常の金銭管理などのサービスを受けることで、地域で安心して暮らせるようにお手伝いする制度です。

◦サービスの内容
1.福祉サービスの利用援助
 福祉サービスを安心して利用できるようお手伝いします。
2.日常の金銭管理サービス
 毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れをお手伝いします
3.通帳・書類など預かりサービス
 大切な印鑑や証書などを安全にお預かりします。

◦利用料金
 所得に応じて利用料をご負担いただきます。(相談は無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 社協の事業に戻る